漆のおちょこ / 器 series..

絵を描くように即興的に漆で塗り描く。
どれもその時にしか描けない「一点物」。
見る角度によって様々な景色を楽しめます。

元々は茶色い飴色の漆に顔料を調合して練り混ぜ1色ずつ作った色漆を塗って乾かす事を繰り返して、蒔絵の技法も使いながら仕上げます。
使い手によって、経年変化で色味の彩度が増したり、質感が手に馴染んできたり、艶が出てきたり、下に塗り重ねていた色や絵柄が透けたりすれたりしてチラチラと見えるようになったり、じわじわと「景色が変化」していきます。
「使って育てるアート作品」として、日々の生活の中でお楽しみいただけたら幸いです。

◆ 漆のおちょこ ◆
▽ 2019年 ▽

展示風景
京都 yamne 展示会「ハレ と ケ のあいだ」にて

岐阜 長良川てしごと町家CASA「おちょこ展」にて

◆ そば猪口 ◆
 そば猪口アート公募展 入選作品と同じシリーズ。

◆オーダーメイド◆
結婚式のお祝いの品を製作させていただきました。
今回は依頼主の方からご夫婦の写真を見せていただきお二人の雰囲気性格をお聞きした上でお二人をイメージして創作しました。
夫婦漆椀「香」

こちらは1歳の初めて誕生日祝いのオーダーの品。

祖母から貰った和紙皿を使い、祖母の誕生日プレゼントに。

漆棗「frow」